9週間で、深いシワを改善できる!と言い切れる純粋レチノールクリーム(医薬部外品)。…エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームS

今年、日本化粧品検定1級に合格し、先日念願のコスメコンシェルジュになれました\(^o^)/
今後もセミナー等で勉強し、ブログをご覧くださっている方々に新しい&正しい情報をお伝えできるように頑張ります。



今年の前半、美容業界で一番話題になった新製品は、エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリームS。

資生堂が
「深いしわまで改善する」
とハッキリ言い切ったリンクル(しわ対策)クリームです。

初めてこの広告を見たとき、ギョッとしました。
ふだんは薬機法に忠実に、ホワッとオブラートに包むような表現をしている資生堂が、ここまでハッキリした表現を打ち出すということは、本当に本当に、シワが改善するっていうこと。

よくSNSなどのネット広告で、怪しげな化粧品メーカーがきわどい表現(なかには完全アウトなものも)で広告を垂れ流しているけれど、そんなものと一緒にしてはいけません(笑)

世界一の技術力を持ち、効果も安全性もとことん検査する資生堂なら全面的に信頼してOKです(^^)

今年の6月に発売され、わずか1ヶ月で68万個を出荷されたそうですので、すでに使われた方が多いのでは?
いまさらですが、下記に詳しくレポします。
  ↓↓↓

シワ改善までの期間や効果の具合、使用上の注意点、
さらに、ライバルと言われるポーラのリンクルショットとの比較をまとめてみました。




2017110812544800c.jpg

メーカー:資生堂
ブランド:エリクシール シュペリエル
商品名: エンリッチド リンクルクリームS(医薬部外品)
内容量:15g(目元への使用で約2ヶ月分)
価格:6,264円(税込)
全成分:
レチノール*,酢酸DL-α-トコフェロール*,水溶性コラーゲン(F),濃グリセリン,精製水,テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット,1,3-ブチレングリコール,ジプロピレングリコール,エタノール,メドウフォーム油,ポリエチレングリコール1000,メチルポリシロキサン,アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80,ポリプロピレングリコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,トリイソステアリン酸グリセリル,ベヘニルアルコール,ヒドロキシエチルセルロース,ポリビニルアルコール,ステアリルアルコール,モノラウリン酸ポリオキシエチレンソルビタン(20E.O.),ジブチルヒドロキシトルエン,エデト酸三ナトリウム,ピロ亜硫酸ナトリウム,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,酵母エキス(3),無水エタノール,マリンエラスチン,クララエキス(1),カノコソウエキス,フェノキシエタノール,香料,β-カロチン  *は「有効成分」無表示は「その他の成分」

ご購入は、肌に合わなかったときに返品・返金可能な公式オンラインショップがおすすめです。
ワタシプラス 資生堂




【ポーラと資生堂の違い】

このシワ用クリームの何が一番すごいかというと、

厚生労働省が「シワを改善する化粧品」として承認をしたこと。

リンクルクリームの発売にあたり、資生堂が様々なテストを行い、シワを改善できる確実な結果を得ることができたため、シワ改善における医薬部外品として認められました。

医薬部外品でシワ改善に関する項目は、いままでありそうで無かったんですよ。

一足先に、ポーラが「リンクルショット メディカル セラム」を日本初のシワ改善の医薬部外品として発売しました。
資生堂のリンクルクリームはポーラに次いで2番目なんです。

そのため、この2つはよく比べられます。
違いを簡潔に下にまとめてみました。

(シワ改善の有効成分)
資生堂→純粋レチノール
ポーラ→ニールワン

(価格)
資生堂→6,264円
ポーラ→16,200円

(内容量)
資生堂→15g
ポーラ→20g

(試験結果)
資生堂→9週間で目尻や目の周りのしわが改善
ポーラ→12週間で7割の人の目尻のしわが改善

どちらもシワ改善の医薬部外品ですが、承認された成分がまったく異なり、肌への働き方も改善の早さも異なります。

後発の資生堂のほうがかなりお安く、しかも改善できるまでの期間が短いことで世間に騒がれました。
(ポーラさん、株価にダメージを受けたとか…)


一般的な女性なら、化粧品に16,000円台はちょっときついですよね(汗)
背伸びして1度は買えても、継続は厳しいです。
でも6,000円台ならなんとか…。
6,000円でも少しお高く感じますが、本気でシワに悩んでいる人には痛くない価格だと思います。
目元だけなら1本が約2ヶ月もつから、1ヶ月あたり3,000円台ですもんね。


そして…
エリクシールシュペリエルのリンクルクリームの場合は、クリームだけでなく、容器もひっくるめて医薬部外品の認可を受けた点も大きな特徴です。
純粋レチノールは壊れやすい大変デリケートな成分なので、長期間にわたって安定するように特殊な専用容器に入っています。

20171108125447639.jpg

使い始める前に、青いリングを取り除いて蓋をしっかりしめると、細長い口がカチッと装着されます。
内側から中身が出ても、外側からは針一本通さない特殊なチューブ構造だから、最後まで新鮮なまま使えます。





【効果と使い方】

こちらは、リンクルクリームに関する分かりやすい動画。
音が出るので見る場所によってはご注意くださいね。



9週間ではっきりと違いが現れていますね!

有効成分の純粋レチノールがヒアルロン酸を生み出すことで肌の水分量が増え、柔軟な肌になり、しわが改善するそうです。

小じわが気になり始めたら、大じわに発展する前にリンクルクリームで手を打たなくては。
(深いしわまで改善するそうなので、大じわにも◎)

201711081254464a5.jpg

中身は、カスタードクリームをゆるくしたような、とろんとしたクリーム。
するする伸びます。
私はぜいたくに、シワが気になるおでこにも塗っています。
おでこは面積が広いから、さすがにたっぷりは塗れなくて、少しの量を最大限に伸ばして(笑)
目元専用というわけではなく、ほうれい線などどこにでも使えますよ。

(使い方)
スキンケアの最後に、小さなパール粒1コ分を指先にとり、目や口のまわりなど、しわが気になる部分にやさしくなじませます。
「9週間で改善」という試験結果は、毎日2回(朝晩)使用した結果なので、同様の結果を得るには同じように使うのがベストです。
ただし、レチノールは紫外線にさらさないほうが良いので、日中は紫外線対策をきちんと行うことが大切。

(注意)
過去にレチノール入り化粧品で肌にトラブルがあった方は使用をお控えください。
レチノールは効果が高い分、人によっては刺激を感じることがあります。
初めて使用するときや肌が敏感なときは、最初の2週間は2~3日間隔で夜のみ、次の2週間は毎夜と、少しずつ使用回数を増やすことをおすすめします。

私は最初から大丈夫でまったく刺激を感じませんでしたが、違和感を感じた方は様子を見ながら、少しずつ使ってみてくださいね。


肌に合わなかったら返品できるワタシプラスで購入するのが安心。
資生堂の公式オンラインショップです。



種ランキングに参加しています。気に入っていただけましたらワンクリックお願いいたします♪
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
にほんブログ村

アンチエイジング ブログランキングへ
 
関連記事